水中ドローンを使った水中調査

近年ドローンと言う言葉を聞かない日は無いくらいに注目されています。元々の意味は、「唸る」の意味で、ドローンに付いているモーター音から来たとされています。空のドローンも含めてですが、ドローンとラジコンの違いに大きく関係しているのが、制御方法の違いです。

自立制御(機体自体が各センサーの信号を受けて自動で行動が出来る事)

手動制御(各操作を全て人の手によって制御している事)になると思います。

この自立制御システムが、以前とは比べ物にならない位に進歩した結果が、今のドローンを支えています。機体自体が、行動を制御してくれるので、人の手によって可能な作業が増えました。その一番の恩恵を受けたのが、高機能のカメラによる「撮影」です。

調査=「見る事」そして見た内容を「記録する事」これが、今までの人の行動では制限されていた範囲に、ドローンが入れる様になって、可能になったのです。

地球全体の70%以上は水です。そして、日本は周りを全部水に覆われた島国です。その水の中は、余りにも環境が過酷なために、今までは容易に立ち入るが出来なかったエリアです。水中ドローンを使って、今まで入り込めなかった水の中(人が容易に入れなかったエリア)に「見て」「記録する」事。その範囲を広げる事が、水中ドローンを使った調査の未来です。

水中ドローン

fifishv6/fifishv6s
型番 fifishv6 / fifishv6s
寸法 383 x 331 x 143 mm
重量 3.9 kg (fifishv6s4.1kg)
スラスター数 6
操作性 6 DOF(自由度)
動作 左右、上下、前後
回転 360°ヨーリング、360°ピッチ、360°ローリング
Posture Lock™ ± 0.1°ピッチ角度または ± 0.1°ローリング角度、全方向稼働
深度維持 ± 1cmに保持
スピード 静水で最高3ノット(1.5 m/s)
最大深度 100m
操作温度 -10℃~60℃(14 °F~140 °F)
最長稼働時間 最長4時間(fifishv6s6時間)
バッテリー 定格出力9000 mAh / 97.2 Wh
カメラ
センサー 1/2.3” SONY CMOS
有効画素数 12 MP
ISO範囲 自動/手動で 100-6400
レンズ 視野 166°f/2.5
最短撮影距離 0.4 m
シャッター 5~1/5000 秒 自動/手動(電子シャッタースピード)
撮影数 1 / 3 / 5 / 7 / 10 フレーム
ホワイトバランス 2500K~8000K 自動/手動
露出補正 - 3 EV~+ 3 EV
写真解像度 4:3: 4000 x 3000
写真形式 JPEG、DNG
ビデオ解像度

4K UHD:25/30 fps 1080P

FHD:25/30/50/60/100/120 fps 720P

HD: 25/30/50/60/100/120/200/240 fps

ビデオ形式 MPEG4- AVC/H.264、HEVC/H.265
手ブレ防止 EIS(電子式手振れ防止)
色系 NTSC&PAL
メモリー容量 64 GB
ライト
輝度 4000 lm
CCT 5500 K
照射角度(ビーム角) 120°
調光制御 3段階
コントローラー
ワイヤレス Wi-Fi対応
バッテリー稼働時間 最長4時間
SDカードサポート Micro SDカードFAT32およびexFAT形式(128GBまで)
ケーブル
長さ 標準100m (328フィート) ※(200m特注)
耐荷重 80 kgf
リール
寸法 238 x 207 x 160mm (9 3/8 x 8 1/8 x 6 1/4インチ)
限度収納可能サイズ 100m (328フィート)
ロボットアーム
握力 5kg
引き上げ能力 10kg
リンク集

QYSEA FIFISH V6 メーカーリンク

QYSEA FIFISH V6s メーカーリンク

水中ドローンで撮影した海中 by 仙台湾 七ヶ浜町菖蒲田漁港

潜行深度 100m 水平移動可能距離100m(オプションで200m)

淡水は無論、海水での潜行も可能です。また流れがある場所での撮影・調査は0.7m/sの水流まで可能です。ダム・船底・海中の構造物、養殖棚の調査・ダイバーさんの補助監視等、今まで人が容易に入ることができなかったエリアの調査・撮影作業が可能です。

カメラを水面より上にして行動ができるため、水中だけではなく、水面上の調査・撮影も可能です。上の動画では、漁港内で水中ドローンで水中ドローンを撮影している様子です。4K画質25FPSでの撮影のため非常に綺麗な映像になっています。

水深が深く光が届かない場所での撮影も想定して、4000ルーメンのライトも付属しています。また、相互監視等水中ドローンの2台体制でも稼働できます。

採用情報

会社案内

光輝ビルテクノス株式会社
〒984-0002
宮城県仙台市若林区卸町東5丁目 3番18号
●TEL:022-253-7748
●FAX:022-253-6020
●E-mail:info@kohki-bt.jp

ページの先頭へ